その星を疑えブログ
ブログトップ ----------------------------

CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


★ぷろふぃーる★
|名前| 開発くん
|日常| 会社員で発明家
|嫌い| 新しいバスタオル
|特技| その物の良い所を見つける

・・・・・・・・・・・・・★

・・・・・・・・・・・・・★

~旧ロウヤショッピング~
★・・・・・・・・・・・・・


~アイエスダブログ~
ISWの公式ブログ
・・・・・・・・・・・・・★


~新ロウヤショッピング~
本屋として生まれ変わる
★・・・・・・・・・・・・・

2009年 03月 11日 ( 1 )
働いて老いるということ
昔、神様が全ての生き物の寿命を決定した時、

人間は20歳と決められました。

「そんなの短すぎる!」と思った人間は、神様に抗議しに行きました。

神様の所に行くと、すでにがいて、

「寿命が長すぎるから短くしてくれ!こんな年月、人間にコキ使われるなんでたまったもんじゃないよ!」

と言ってました。

そこで、神様は、馬の寿命の少しを人間にあげました。

同じく、「寿命が長すぎる!」と抗議しに来たサルの寿命も

人間に分けてあげました。

だから、人間は20歳の寿命を過ぎると、馬の様に働いて、
馬の寿命が終わると、サルの様に小さくシワシワになっていくらしいのです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

という神話があるらしい。
もう少し具体的に知りたいから、いろいろ調べてるんだけど、
どこに行けば話の全貌が分かるのかな?

興味ありますー。
[PR]
by pulpo0324069 | 2009-03-11 16:56