その星を疑えブログ
ブログトップ ----------------------------

CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


★ぷろふぃーる★
|名前| 開発くん
|日常| 会社員で発明家
|嫌い| 新しいバスタオル
|特技| その物の良い所を見つける

・・・・・・・・・・・・・★

・・・・・・・・・・・・・★

~旧ロウヤショッピング~
★・・・・・・・・・・・・・


~アイエスダブログ~
ISWの公式ブログ
・・・・・・・・・・・・・★


~新ロウヤショッピング~
本屋として生まれ変わる
★・・・・・・・・・・・・・

ISW春の遠足2009 ~前編~
4月17日(金)

会社の仕事を済ませ、すぐに「しおり」を作成した。

c0117092_19124288.jpg
これはもちろん、明日の遠足の為だ。
「ISW 春の遠足2009」は、僕がプロデュースすることになった。
1年に3回行われるこの遠足は、それぞれが自分のゆかりの地を、安価で案内することになっている。
千葉を案内するためにこんなプランを用意した。

【遠足のスケジュール】

●集合

●高校時代に行ってた、安いラーメン屋を案内

●ビール工場見学

●健康ランドに行こう!

お飯・お酒・お風呂を安価で楽しむために、用意したシナリオ。
「しおり」には、気付いたことを書けるようにmemo欄を作っておいた。
遠足が終わったときに回収してスキャンしよう!とたくらんでいた。

寝る前に「モウコハンくん」「ウェットティッシュ」
「明日は12:15に集合!」とメールすると、「刻むねぇ」と返ってきた。

4月18日(土)

天気は、ものすごく良かった。
みんなとは12時15分にJR船橋駅で待ち合わせをしていた。

ウエットティッシュから「俺、総武線乗るの初めてかもしんない。」とメールがきた。

今日はみんなにとって、初めてのことばかりであるといいなと思った。

集合して、ウエットティッシュに「しおり」渡すと、激しく興奮してくれた。
いつもやってる仕事なんかより、よっぽどいい仕事をしたぜ!
とうれしくなった。
ゲイの店員にカットしてもらった頭をポリポリと掻いた。
その足で仲良くラーメン屋に行った。

●ラーメン屋に到着(PM 12:30)

僕が高校生の頃は、250円だっだのに、時代の波に押され280円になっていた。
少々落ち込んでると、「なにいってんだよ!280円でも価格破壊だよ!」と2人は慰めてくれた。
当時は美味しく感じていたラーメンだが、今食べてみるとそうでもなかった。
舌が大人になったんだな。と思った。
その横では、モウコハンクンが倍盛りを注文し、膨大な量の麺と格闘していた。
そして、ラーメンの感想を「しおり」のmemo欄にちゃんと書いていた。
うれしくなった。

●ビール工場を見学

JR津田沼駅で、「ビール工場無料送迎バス」を待っていた。
1時間に1本しかこないので、それに乗れないと、予約した時間に工場に着かない。

工場の担当者には、「黄色と白の色したバスに乗れ。ただし、停留場はランダムだから気をつけろ」とだけ言われた。

「ビール試飲しまくれるかな!?」タノシミー!」と盛りがってると、僕達の傍をエロいギャル2人が通りかかった。
風が頬を撫で、みんな会話が止まった。

そして、そのギャルは、僕達と同じバスに乗り込みビール工場に無かった。
これは何か起きそうだ。
はちゃめちゃが押し寄せてきた。
c0117092_19133468.jpg
40分ほどバスに乗って、工場に到着。
バスを降りた瞬間、すでに工場の見学を終え、いい感じに酔っ払ってるおじさんの集団に写真撮影をせがまれた。
c0117092_19135829.jpg
快く引き受けると、「お兄さん達はカメラ持ってきた!?もしなかったら、おじさんのカメラで取って、お兄さんのメアドにデータ送るよ!」と、フランクに言ってきた。
最近のおじさんは、デジタルに対応してきてスゴイな!と思った。

こっちはこっちでカメラを持っていたので断った。
c0117092_19143856.jpg
入館し、かわいいお姉さんからパンフレットをもらったら、見学ツアーが始まった。
c0117092_19145613.jpg
僕は、エロいギャルの後ろのポジションをゲトって行動した。

ガイドのお姉さんが、「写真撮影禁止はご遠慮ください!」と言った。
ブログに、工場内部の様子を載せようと思っていたが、序盤に翼をもがれた

原材料の麦を食べたり、ホップを触ったりした。
モウコハンくんは、ホップを少しちぎって手帳の中に隠していた。
本当はガイドに返却しなければならない。

「この工場の中に、サッポロのマークの「★」が何個か隠れています!見つけられますか?」

とガイドさんが問題を出してきたが、レントン教授で慣らした僕の脳はスグに答えを見つけた。
20ピカットくらいの問題だった。

ガイドさんに「普段はどのくらいの人数が工場で働いてるんですか?」と聞くと、各ラインに2人しか配備しないらしい。
すばらしいコストパフォーマンス!儲かりすぎだと思う。

30分くらい工場をグルグルしたら、試飲会場に到着した。
なんと、20分間飲み放題だった。
c0117092_19152519.jpg
僕とウエットティッシュは3杯くらい、モウコハンくんは5杯くらい飲んでた。確かに美味しかった!
c0117092_19155367.jpg
そこで「おつまみ」としてもらったクラッカーが、モウコハンくんの形をしていてびっくりした。

こうして工場を後にしたが、もちろんギャルとは何もなかった。
でも、「いつでもアクション起こしてきていいのよ」みたいな
挑発的な目をされていた気もする。

この後の健康ランドで、いい出逢いがあることを期待していた。

c0117092_19162334.jpg


後編につづく…
[PR]
by pulpo0324069 | 2009-04-22 19:22
<< ISW春の遠足2009 ~後編~ ああ!あれは!? >>